読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARABAKI2017レポート

東北最大の春の野外フェス、アラバキロックフェスティバルに行ってきました。

 

今回で3回目なので大体のことは慣れたかと思います。

 

今年からバス券が時間帯別になり、

行きの渋滞が解消されて入場もスムーズです。

 

ARABAKIは毎年寒さとの戦いというイメージですが

今年はお天気にも恵まれ終演までパーカーで乗り切ることができました。

(前日のキャンプ組みはやはり通常通り寒かったみたい)

 

f:id:nnzm:20170519172109j:plain

 

平地で行われるフェスよりは重装備で行く必要があります。

湖畔公園は山なので

急な天気の変化や虫対策(特にブヨ)などの対策として

  • 虫除けスプレー&足出しNG
  • 風邪を通さないインナーダウンやマウンパ
  • 長袖のインナー
  • レインコート
  • 日中は帽子と日焼け止め

 

毎年入場者数が増えているので動線は混雑しますが

アラバキ特有のまったりとした雰囲気で

今年ものんびりと過ごせました。

 

f:id:nnzm:20170519173800j:plain

 

帰りに下り高速道路使われる方、

菅生サービスエリアで温かいラーメンや定食を食べてから

帰るの、かなりオススメです。

 

f:id:nnzm:20170519174238j:plain

疲れた体に染み渡りました…

 

 

TokyoMusicOdyssey ALTERNATIVE ACADEM2017レポ

TokyoMusicOdyssey 2017 ALTERNATIVE ACADEMY

@渋谷wwwx

に行ってきました。

 

tokyomusicodyssey.jp

 

 

去年行けなかったので今年は気合でやってきましたWWWX!

オールナイトイベントという事で顔写真付きの身分証提示を求められます。

 

フロアの朝まで全力で楽しんでやるという熱気むんむん😊

f:id:nnzm:20170307120125j:plain

 

 

期間中は

 TokyoMusicOdyssey関連のイベントがたくさん催されているので

次はじっくり遊びにいきたいです。

 

2016年ベストソング(邦楽)

今更の2016年邦楽ベストソング5

一定のジャンルに固着してしまった一年でした。

 

www.youtube.com

王舟はディスコブラジルのイメージだったのでイントロでノックアウト

 

www.youtube.com

上海蟹食べたい♪あなたと食べたいよ♪が何度私のTwitterのタイムラインで

歌われたことか…

何と言っても手作り感あるこのMVは最高

 

  • VIDEOTAPEMUSIC/Sultry Night Slow

www.youtube.com

ライブでの雰囲気が抜群で色気もすごい。東北でも是非ライブをお願いします。

 

 

www.youtube.com

辛いリズムに甘いメロディーが乗る。カップリングも素晴らしいです。

ZAZENBOYSの最新ライブ映像はエグい

すとーりーず以来新譜を出していないZAZENBOYS。

 

あれだけのゴリゴリ演奏をひたすら何年も積み重ねていくと

どうなってしまうのか。

こうなってしまう↓

 


ZAZEN BOYS Himitsu Girl’s Top Secret 3/17 Bass Magazine Presents The Power of Low-End

 

エグすぎる!

向井さんのテレキャスのジャキりは私の知っている

「俺押さえ」の音を極め尽くしているし

 

吉田一郎の超人ベースをただただ

口を開けて見つめてしまうのです。

 

向井秀徳がステージでお酒を飲む姿はいつもぐっときます。

 


ZAZEN BOYS - ASOBI @ りんご音楽祭2014

 

ザゼンボーイズで一番大好きな曲。

5:53から動悸が止まりません。

 

脳が揺さぶられて

頭ん中がサァーっとするあの感じを

それはどこにある?どこにある?どこにある?

(自問自答/ZAZENBOYS)

 

私にはいつもここにある 

 

D.A.NのSSWBのMVは死ぬほど観た

まるで映画のようなMVと評されるMVはどれもろくでもないという持論があったので避けていたけれど

 

あまりに周りの人間がざわついていたので堪忍した。

 

 


D.A.N. - SSWB (Official Video)

 

そして最高だったのでその日で5回観た。

 

去年の観たライブはどれも素晴らしく(小林うてなさんに釘付け!)

今年もライブでの新曲を待ち焦がれるバンドになりそう。

 

ライジングサンロックフェスティバルレポート

日本4大フェスのひとつ

ライジングサンロックフェスティバル2016の記録

 

RISINGSUNROCKFESTIVALは今回で7回目。

今回は仙台空港から0泊3日の初めてのオフィシャルツアーです。

 

テントサイトはフォレストテントサイト!

事前にテントや椅子などは衣装ケースに入れて送ってあるので身軽!

風呂券も購入済み!

 

 

オフィシャルツアーは空港から会場までバスで連れて行ってくれるので

めちゃくちゃ移動が楽なのです。

 

本来は新千歳→札幌→麻生→シャトルバス→会場(そのぶん少し安い)

 

 

帰路の電車は座れないことも多いのでバスはかなりありがたかった…

 

 

 

2016年のライジングサンはお天気に恵まれて一度も雨が降らなかったけど

日中の暑さがかなりきつくて、日焼け止めを塗っても顔や腕が真っ赤になる程でした。

 

北海道とはいえ帽子と肩にかかるようなタオルは必須です。

 

 

そしてフォレストテントサイトの虫の多さが予想以上で…

次はヘブンズをとろうと決意した。

 

ライジングサンロックフェスティバルの過ごし方1日目

ライジングサンの会場に着いたらまずやること

 

テントを建てる(だらだら建てる)

ライジングは開場から開園までたっぷりと時間があります。

暑さと滝汗との戦い。

焦らず体力を温存しながら組み立てましょう!

※テントの区画は厳密に守りましょうね。

はみ出す危険がある場合は2区画買っておいたほうが安心。

物販を買う

物販を買う

オフィシャルグッズやアーティストグッズは早いもの勝ちです。

なるはやで並びましょう。

※当日出演のアーティストグッズのみの取り扱い。

(オフィシャルグッズはかなり混雑するので事前通販がおすすめ。

当日はお目当てのバンドグッズのみにしたほうが楽です。)

サッポロブースへ行く

やたら透明なグラスに注がれたサッポロクラシックが飲めます。

みんなで乾杯!

とりあえずガチャガチャをする